古本を売るならネット買い取りが絶対におすすめ

引っ越しや大掃除といった節目のタイミングで所有している古本を売りたいと思う方って多いと思います。
今は全国チェーンの古本屋さんがある中、敢えてネットでの古本買取をおすすめするのには訳があります。

自宅まで取りに来てくれる

 今は自宅集荷をしてくれる業者がほとんどです。数冊の本を売るだけなら近所の本屋さんでも構いませんが、古本はとてもかさ張りますので、ある程度の数になってくると持っていく労力だけでも大変です。数十冊単位になってくると重さや腰への負担も相当なので、女性はもちろんの事、男性でもきついですよね。
 ネットの出張買取サービスを利用すれば希望した日時に自宅まで宅配業者が集荷に来てくれるので、段ボールに詰めるだけでOKという気軽さです。仕事が休みの日などを指定すれば、忙しい人でも簡単に処分する事が出来ます。

買取価格が事前に分かる

 古本の買い取り業者にも色々ありますが、なんと業者によっては漫画・小説・ビジネス書籍といった色々な種類の古本を最近〜昔の本まで細かく買取価格を全て載せてくれています。査定に出してみたものの、あまりに安かったので売らない事にするのは手間がかかりますし、かと言って二束三文で買い叩かれるのも嫌ですよね。
 売る前にどのくらいの価格で買い取って貰えるか事前に分かると言うのはネット買取の大きなメリットです。

買取価格が普通の店舗と比較して高額

 一般の古本屋での買取は、店舗を運営するために多くの人件費や建物の維持費などがかかる為、店側の利益を重視してしまっています。
 その点ネットの古本買取業者は、一番コストのかかる建物代や店舗運営に比べると人件費もかからないおかげで、ブックオフなどの地域のお店と比較して高めの買い取り価格でも十分に利益が出せる仕組みになっています。どうせ売るなら高いところの方が良いのは当たり前ですよね?

買取不可の古本が少ない。

 ブックオフ等の買取を利用した事のある人はご存知かと思いますが、驚く程買取不可と言われ0円で引き取られる本が多いです。しかも買い取り不可と言いながら、引き取った本はしっかりと店頭で販売されるので、売る側としてはやるせないですよね・・・
 その点、ネット業者は店舗販売している業者に比べて、実際に並べて売る訳ではないので大量の古本をストックする事ができ、しかも全国に販売している分、需要が少ない本でも購入希望者が現れる事が多い事から、高額ではないにしろきちんと値を付けて買い取って貰う事ができます。
 0円で100冊引き取ってもらっても0円でしかありませんが、1冊15円程であれば100冊で1500円にもなります。数が多くなればなるほど、この差は大きいですね!

本以外も買い取ってくれる。

 書籍専門ではなく、ゲームソフト・CD・DVD・フィギュア・ブランド品といった商品も取り扱っているので、大掃除や引っ越しなどの機会に古本と一緒にまとめて処分出来る点はおすすめ出来るポイントです。

 

実際に売って比較した古本買取おすすめランキング

ネットオフ
サービス内容

全ての商品の買取価格がWeb上で確認出来る。
・自宅まで無料集荷に来てくれる。
・集荷の手配は店側がやってくれるので面倒な手続きが不要。
・ホームページ上で買取状況が確認できる。

 

・ゲーム、DVD、CDなど古本以外にも様々な物を買い取り!

買取完了までの期間 発送してから振り込みまで大よそ1週間程度
おすすめ度 ★★★★★

 

 

古本の出張買取で何故業者が儲かるのか?仕組みを解説

本を売る時に、わざわざ宅配業者を利用して宅急便の送料や買い取り料金の振込手数料を負担してまで業者は儲かっているのだろうか、もしそれで儲かっているのなら、買い叩かれているんじゃないのか

 

そう不安に思う人って多いですよね。実は簡単な理由なので説明したいと思います。

 

1.コストがかからないので、実在する店舗に比べて利益が大きい
普通に店舗を運営しようと思ったら、莫大な初期費用に加えて、人件費・土地や物件代・光熱費がかかりますよね?

 

駐車スペースも確保するような大きな書店となれば、それだけで月数百万は軽くかかってしまいます。

 

しかし、ネット上での開業であれば、倉庫代や梱包を担当するスタッフを雇っても、経費としてかかる費用は1/10近いです。

 

500万かかっていた毎月の経費が50万になれば、売上500万で前者が利益0なのに対して、ウェブ販売する業者は450万円もの利益になります。

 

2.販売地域が広い為、多くの商品が裁ける
地域の古本屋の場合、客として見込めるのはせいぜい同じ県の住人くらいですよね?大きな都市としてもその数はせいぜい数万人です。
ネット上の販売であれば対象は大きく広がります。数千万人が相手の商売となれば、売れる数も段違いです。

 

3.と言う事は?

 

そう、多くの商品が売れ、しかも利益率も物凄く高いのであれば、在庫切れで売れないよりも、高額で買い取ってそれを欲しい人にどんどん売る方が遥かに儲かるのです。

 

極端な話、1冊しか月に売れないのであれば、店舗は500万、ネットは50万を価格に上乗せしなければマイナスです。

 

しかし、ネット販売では店舗で1万冊売れるのであれば、10倍の10万冊は見込める為、1冊辺りたったの5円上乗せするだけで経費はカバー出来ます。

 

例えば、10円で買い取った本を100円で売った場合

 

店舗⇒原価10円、経費500円  410円の赤字
ネット⇒原価10円、経費5円   85円の黒字
 
極端な例ですが、こんな事になります。
 
勿論ネット販売をする側は、競争に勝つために販売価格を通常の店舗よりも安くし、買い取り価格をあげています。
 
しかし、仮に販売価格を半額にして、買い取り価格を倍にしても25円の利益が出て、利益率は脅威の50%となります。
 
要するに、売れば売るほど儲かるから、高めに買取価格を設定してどんどん売ってもらって、売却価格も安くしてどんどん買って貰っている
 
凄く単純な話ですが、こういう事なんです。
 
売る方も簡単に処分できる上に高額で出張買い取りしてもらえますし、買う方もわざわざ買いに行く手間が無い上に安く手に入る。業者も儲かる。
 
三者繁栄の良いことづくめなんですね。良い時代になったものですね!